2013年12月31日火曜日

~留学99日目~SDM研究科での2013年を振り返って

12月31日になりました。留学が始まってから,ちょうど99日目のようです。惜しいなぁ,なんて(笑)

このブログはSDMのタイトルがついているブログ。元々は「コミュニケーション」という授業の課題がキッカケで始めたブログですので,ここではパーソナルなことは一先ず置いておき,SDM研究科での2013年について,まとめてみようと思います。


んー…といっても,何から書き始めればいいんだろう?(笑)

2013年にSDM研究科でやった,授業,研究以外の大きな活動といえば

■デザインプロジェクト
■アグリゼミ十勝視察
■ミラノ工科大学交換留学

の3つでしょうか。

それぞれ色々な思い出がありますが,これらの活動に加えて,研究室での研究やゼミ活動,そして通常の授業の課題をこなしていましたから,本当に盛りだくさんでしたし,やる事ばっかりという感じでした。「暇」という言葉は,SDM研究科に入ってからは無くなりましたね。常にやる事を抱え,同時進行的に幾つかこなし,あっちが終わればこっちをやって,それも終わればまた次に新しく出てきたことをやって…という繰り返しでした。

個人的に,修士1年目,特に留学までの期間は「挑戦の時」と捉えて,やってきました。機会があれば,色んなところに顔を出す。KiDSや福島高校でのワークショップのお手伝い,アグリゼミへの参加,そして留学。こうした結果,例えば大学院生でありながら10日ほどの間に3か所,それぞれ全てSDM研究科の活動でありながら別件で宿泊込の遠征をする,という社会人の方の出張あるいはそれ以上に匹敵するのではないか,という経験もさせていただきました。

そして9月の終わりからは,留学をさせていただいています。デザインプロジェクトの最終発表から2日後には出国する,という日程でして,アグリゼミの最終報告書というタスクも抱えていたため,文字通り息つく間もなく怒涛の日々から気付いたらイタリアに着いていた,という状態でした。


これらの活動を総括すると言えることは,2つあります。

一つは,SDM研究科では,素晴らしい出会いがたくさんあります。授業やDプロを一緒にこなす仲間,ゼミを一緒にこなす仲間,社会人の方も新卒の方も分け隔てなく,そしてそれを全力でフォローしてくださる先生方やOBの方,研究員の方,それ以外にも色々と繋がっていくご縁があり,本当に世界が広がります。

もう一つは,SDM研究科では,豊富な機会が与えられているということ。やろうと思えば,本当に色々な事ができます。デザインプロジェクトから横断型ゼミ,研究室での活動の広がり,そして留学まで。これほど豊富な機会,オプションが学生側に与えられている大学院は,そうそうないのではないでしょうか。勿論だからこそ,それを活かすも殺すも,自分次第ということになるのでしょうけれど。

だから,2014年もきっと素晴らしい出会いや経験が,たくさんあるのではないかと思います。帰国したら秋に入学してきた方々とお会いできますし,春には新卒学生を含め,またたくさんの方々が入学してきます。修士1年と2年の交流がどれほどあるか,という事はありますが,個人的にはこの機会も活かしていきたいと考えています。

あ,あとSDM研究科に入ると,タフになります。間違いなく。身体と気力はすべての資本ですから。


…と,2013年のまとめになったかは分かりませんが,こんな感じでしょうか(笑)

2014年は,より研究活動に重きを置く,というよりほぼそれにフォーカスして過ごしていく予定です。そうはいっても引き続きアグリゼミ等には参加しますし,他にも参加してみたい横断型ゼミや,KBSの授業を履修できる機会を活かしてみたいなぁ,などと欲は広がるばかりです。

とはいえ,まずは1月いっぱいで終わる留学を,しっかりやり遂げることが先決ですね。その意味を込めまして,最後は留学先の学校の画像で,締めようと思います。




2013年は,お世話になりました。2014年も,どうぞよろしく。

0 件のコメント:

コメントを投稿