2013年6月18日火曜日

横からの刺激

入学してからはや2か月半。これくらい経つとだいたい同期の方々がどういった面々なのか,把握できてくるものです。


率直な感想:みんなすごすぎ!(笑)


本当に,何でそんなにがんばれるんだろう?…ってくらい,がんばってる人だらけです,この大学院。4月にこのブログにも書いたとおり,院生たるものやらなきゃ仕方ないと思ってはいたのですが,身を削ってがんばる人ばっかです。

その証拠といってはなんですが,この大学院では常に誰かしら,体調を崩している気がします。どう考えても過労が原因と思しき方が多数です。身体を壊すまでがんばればいいってものでもないですが,ともかく意欲があり余ってそうなっているケースが多い。自分の場合,単なる自己管理能力不足でしたが…


学校に泊まりこむ人も多いのです。家が遠くやむを得ない人もいますが,個人的にはこのオーバーナイトワークの常習化だけは「ちょっとどうなのかな?」と思っています。労働時間がだらだらと長くなり能率の低下を招いてしまうのは,日本企業の悪しき風習。SDM生がすごいとはいえ,人間であることには変わりない。オーバーナイトワークを繰り返せば,能率の低下に繋がるのは必至でしょう。

システムデザイン・マネジメント研究科なのですから,きちんと能率を維持するようなシステムをデザインしてマネジメントしてこそ,看板を体現すると言えるのではないでしょうか…


…とはいえ。まぁ,とにかくみんながんばってるんです。話していても,レベルが高いことはよく分かります。自分の未熟さや認識の甘さに関して,ドキッとさせられることが多いです。

これだけ横からの刺激をもらえるのも,SDMのいいところなのかなーと思います。そんな久々のブログ更新でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿