2013年6月4日火曜日

福島高校特別授業



だいぶ更新が空いてしまいました…が,この間ネタが無かったわけではなくて,けっこういろいろやっております。ブログを書く余裕が無くなるくらい,タスクが溜まりつつあるだけです(笑)

これももう1週間前の事だからとっとと書いておくべきだったんですが,非常に印象深い経験になったので,今更ながら。


5月28日,福島高校で行われた「発想法 -イノベーション思考法・ポジティブ思考法-」に,TAとして参加させていただきました。

前野先生のブログ,また福島高校HPでも様子が紹介されています。)

この授業は,福島高校がスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されていることを受け,その一環として,慶應SDM研究科で行われている発想法・思考法を学ぼうということで,今回が2回目の開催だとか。

私は5月12日のOpenKiDSもお手伝いさせていただきましたが,今回はTAとして,より深い形で携わる形となりました。


私自身まだまだ実力不足なので,至らない点も多く,高校生たちをもう少しうまくリードしてあげられたらよかったな,と思います。

その一方で,福島高校の学生たちの,演習に取り組む姿勢や,自由かつ大胆なアイディア出しには,非常に感嘆した次第でありました。




一つ思ったのは,ブレインストーミングで出てくるアイディアに関しては,年齢ってあんまり関係ないんじゃないか,ということ。

もちろん大学院生や大人の方がモチベーションは高いので,出てきたアイディアを構造化し,まとめて形にしていく過程においては,高校生よりかなり優れているでしょう。一方で,これまでSDMでの授業やKiDSなどで行われてきたブレインストーミングと比べ,高校生が出してきたアイディアは,既存の枠に囚われないという点では,かなりこれまで見てきたものの範疇を越えるものが出てきましたし,それ故にこれまでには無かった面白さを感じる場面が,多々ありました。


とにかく。

高校生にとってこれがいい機会になっていれば幸いですし,私たちも高校生に発想法を伝える過程で非常に多くの事を学べます。まさにWin-Winの関係であります。

思えば,自分の母校も私の在校当時,SSHに指定されていました。しかし,特定の科目を選択しないと,その恩恵に肖ることはできませんでした。福島高校の生徒たちは,学年の全生徒がこの授業に参加できて,羨ましいなぁ,と思ったり…






福島高校はスポーツの名門校でもあるらしく,このようにたくさんの国体出場選手を輩出しています。もちろん学業の方も優秀だとか。文武両道の,素晴らしい学校ですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿