2013年4月27日土曜日

デザインプロジェクト,まだまだ序章

まだ何の気なしに楽しめてる分,導入のラーニングフェイズだなぁという感じです(笑)

1週間のうち土曜日が一番ハードな,SDM研究科。1限が必修,2限が推奨科目,そして隔週ですが3~5限がSDMカリキュラムの目玉ともいえる,デザインプロジェクト(通称Dプロ)です。


どの授業も,どの先生もお話を伺っていて非常に興味深いのですが,特に今年からDプロのスタッフに加わった,デザイナー・田子學さんのお話は,とても新鮮です。

Dプロの初回,そして今日と二度,田子さんの講義・演習があったのですが,私がデザイナーという方々やその仕事に抱いていた印象が,根底から覆されました。


物凄い,理詰めです。


詳しくは書きませんが,プロトタイピングなど,思考の発散法と収束法を組み合わせ,プロセスを踏んでいくことで,プロダクトのコンセプトやデザインを生み出していく手法は,私にとっては驚きでした。そのいずれもが記録として残り,目に見える形でデザイン創出への道筋として提示されるのですから…

今日の講義で白坂先生に教えていただいた Enabler Framework もそうですが,結局のところデザインだとかクリエイティビティとは何なのか,考えさせられるばかりです。何もないところから思い付きのようにポンッと出てくるものではなく,きちんとしたプロセスを踏んで,ゴールにたどり着くように,本当に欲しい解が見出されていく…

我々がやろうとしている研究も,ワークショップでやるようなアイディア創出も,デザインも,根本では多くの共通点があるのだ,ということを思い知らされました。



写真は,私たちのグループが演習で作ったバリューグラフ。

“Why?”を繰り返した結果,「視力を矯正する器具」が「結婚」まで辿り着きました(笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿